やれば出来る子なのにやらないのはもったいない<1月編>


パラエストラなかがわイデDOJO <1月編!>

今年の8月で10周年を迎える「パラなか」1月スタートです。
「パラ鳥栖」にも新メンバーが加入し 毎週木曜日頑張っています!! 鳥栖市民体育館柔道場 19:00~20:30
1/13はいつも帯の昇格式&新年会が ある時期です。今回はタイミングよく誕生日と重なりました。ありがとうございます。
小学3年生から始めた「池田翔音選手」高校生青帯女子 パラなか初です。
去年の12月の「DUMAU九州」小1で10人トーナメントを優勝した「的野ヒロ選手」レスリングもやってる「前田晟二選手」も優勝しました。灰色帯昇格です おめでとうございます!!
小6 灰黒帯昇格の「 吉田樹央選手」柔術を始めて一気に強くなりました!! レスリングと柔術の相性はいいみたいです。そして黄色帯昇格の「前田太晟選手」安定の実力 マット運動も得意です。
基本「パラなか」は全国・アジア基準で 帯の昇格を考えて授与しています。九州の基準になればいいと思います。
今年から「パラ★USA」も加わり 月一必ず「那珂川本部」に練習に来てくれます。「真帆先生」の情熱に私は心動かされました。2010年8月 那珂川町に「パラエストラなかがわ」を作った日を思いだします。柔術人口ゼロの町に作った私なりの生き残り策です。だけど10年続いてるのは何故でしょう?(笑)
九大柔道部との交流もあります。「高専柔道と柔術」との相性の良さ 総合のジムからも「パラなか」に寝技の練習に来てくれます。「MMAと柔術」との相性の良さ 勿論、普通に「JUDOとJiu-Jitsu」の相性の良さは 私の息子達が証明してくれてます。
<柔術を始める時期> キッズは早ければ早いほどいいです。4歳か5歳ぐらいからでも対応できます。経験上 直ぐに結果を求める親ほど早く辞めます。何事も辛抱強く負けても負けても練習に来てくれる子は少しずつ変わっていきます。それは1年後のなのか 2年後なのか3年後なのかわかりません 子供だけが成長するのではなく親子で成長する競技
それがブラジリアン柔術です。だからこそ「親子で柔術」推奨道場なのです。
伊東元喜先生(柔専館)もビックリ! やんちゃな白帯から始めて全然弱かった「川崎選手」は 「パラなか」にきて日々精進し 紫帯でアジアチャンピオン茶帯でワールドマスター3位に そして遂に「黒帯」に辿り着きました。(パラなかはキッズから大人まで育成できるDOJOです)
塚田市太郎選手(DAMM FIGHT JAPAN) も一押し ! ブラジリアン柔術は結婚して子供が出来ても全然続けて行ける楽しいスポーツです。「パラなか」の山下康一朗選手(茶帯)も結婚して赤ちゃんが生まれても 仕事 練習 大会とパパ頑張っています!! (パラなかは「家庭内予選」を突破できる! ファミリー的なDOJOです)
2019年今年一発目の大会「フルフォースカップ」山下健士選手(紫帯) まずは幸先良い優勝スタート! (初心者から生え抜きを育てるのが得意な DOJOです。)
何故か大阪で親子3ショット!! 2度目の兄弟対決を武道館ひびきで観られるとは結果はメダルを見てください(笑)
小1小2から始めた柔道をベースにお互い大学まで続け(長男は高専柔道)小学生の時に親に連れられ「パラエストラ博多」で柔術 三井高校(三井ラビット)レスリングを経験して 現在は生業にしてる次男・井手史竜選手(茶帯・カルペディエム福岡&久留米インストラクター) 就職しても趣味の枠を越えてしまってる長男・井手智朗選手(茶帯・X-Treme柔術&パラエストラなかがわイデDOJO) 子供と38歳で柔道を始め39歳で柔術を始めたのがきっかけ 現在に至る 井手智広(黒帯1段・パラエストラなかがわイデDOJO代表)< 2月編につづく>
VALEKATA BJJ Board バージョンアップしました!! 絶賛販売中!! HPの右上をクリックしたら アップデートします!!

原石発見! 逸材天才 弱虫泣虫 大器晩成 体験見学大募集中!! まずはご連絡を。携帯:080-4353-3515(イデまで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA